きらきらほたて<広田湾産>
きらきらほたて<広田湾産>

きらきらほたて<広田湾産>

船上で食べるほたての感動をご自宅へ!

ほたてがきらきら光る理由は「鮮度」にあります。



陸前高田の海にも希望の光はありました。
ほたてをとる船に乗せてもらったときです。
内海ならではのおだやかなさざなみのきらめき。
舳先が海面を切り裂き、甲板にとびこむしぶきもきらきらしていました。
そして、海中から引き上げたほたての殻を開けたとき。
ほたての身は家の近くのスーパーや都会の居酒屋で出てくる姿とはまったくちがっていたのです。
それは半透明で、日の光を透かしてきらきらしていました。
まるで宝箱を開けたら、中から宝物がでてきたみたいに。

きらきら輝くほたてを食べて、さらに驚きました。
こりこりとした歯ごたえ。
口の中で跳ねるような感触。
さわやかな磯の香り。
とろける、甘さ。
細胞のひとつひとつが弾けている。
口の中で踊る生命を食べているような。
このほたては、いままで食べたどのほたてともまったくちがっています。

きらきら=鮮度の証。
船の上で食べた、とれたてのほたての味をみんなに味わってほしい。
岩手県陸前高田市・広田湾でとれたほたてを、活きたまま、きらきらのままにお届けします。


広田湾産きらきらほたてがおいしい理由

1、栄養豊かな広田湾は名漁場

2、とれたばかりを漁港から直送



きらきらほたて<広田湾産>

米崎町の目の前に広がる広田湾。
気仙川の淡水が流れこみます。
外洋とちがって、広田湾は川が運びこむ陸の養分を溜め込みます。
そこで育つほたては、身が甘く、貝柱の大きいものとなります。
牡蠣が築地では高値で取引されるように、広田湾は全国的に知られる貝の名漁場です。

ほたては鮮度が命。
きらきらほたては活きたまま届きます。
貝から貝柱がはずされ、生命を失えば、おいしさも失われてしまう。
きらきらほたては、海から上がったあとすぐに「米崎町ホタテ組合」の漁師さんたち自らが直接発送。
だから、船の上で食べるほたてに近い状態でお手元に届きます。
貝に触れると口を閉じるような元気さですから、ときには指をはさまれることだってあります(といってもケガをするわけではありません)。


米崎町ホタテ組合とは



津波ですべてを失った5人の男たちが結成。
ゼロからの復興を目指して奮闘中。
ほたての名産地・広田湾の海と貝を知り尽くしたプロフェッショナル。
だから、きらきら光る最高のほたてをお客様に届けることは、彼らのプライドそのものなのです。

きらきらほたて<広田湾産>

殻つきで届く食べきり5個セット

少人数でも食べ切れる5個1セット。


ご家庭にあるスプーンで簡単・きれいに殻から身をとりだす方法を書いたしおりもセットにいたします。
みんなで殻むきに挑戦してみてください。

きらきらほたて<広田湾産>
サイズは大以上しかありません!
大(11〜12センチ未満)か特大(12センチ以上)からお選びください。

透き通るような色と艶。

これがとれたてのほたてです!



きらきらほたて<広田湾産>
実際にきらきらほたての水揚げを行うところを見てみましょう。
陸前高田市米崎町、脇ノ沢漁港から船で沖へ出ます。

きらきらほたて<広田湾産>
牡蠣やほたてなど広田湾に浮かぶたくさんの筏のあいだを抜け、米崎町ホタテ組合の筏へ向かいます。

きらきらほたて<広田湾産>
海中から引き上げた1本のロープ。
この長さを見てください。
こんなふうにほたては1本に100個もつけられているのです。
海中で自然の養分を食べて大きくなっていくのです。

貝にたくさんついているムール貝やふじつぼの稚貝も王冠を飾る宝石みたいにきらきら光っています。
それらは広田湾が栄養に富んでいることの証拠です。
(もちろん、貝の表面はきれいに清掃してお届けします。)

きらきらほたて<広田湾産>
これがとれたてのほたて。
きらきらの輝きと、透き通るよう色つやで新鮮さがわかっていただけると思います。
この味にできるだけ近いものを召し上がっていただくため、海から引き上げたその日のうちに発送します。


津波の悲劇から這い上がった、
海の男たちの心の叫びを聞いてほしい。


きらきらほたて<広田湾産>
米崎町ホタテ組合の面々です。
うつくしい広田湾も、津波の被害の例外ではありません。
すべてを失ったどん底から出発し、再びほたてを出荷できるまでになりました。

★STORY★


2011年3月11日。
海の恵みを、生きる糧を、いつも与えてくれていたやさしい海が、牙をむいた。
湾上に浮かぶ筏、海岸にあった作業小屋、港に係留されていた船。
そして我が家も。
漁業を行うためのあらゆる施設を、津波に奪われた。

きらきらほたて<広田湾産>
海の男は屈しなかった。
悲しみの底から這い上がり、もう一度、ほたてをとると誓った。
海岸から使えるものを拾い、一基、また一基と筏を海に浮かべた。
仲間同士が手を組んだ。
それまでは一匹狼だった彼らは危機に団結し、米崎町ホタテ組合を設立した。

きらきらほたて<広田湾産>
ほたての稚貝を北海道から取り寄せる。
それをひとつひとつ育て、出荷できる大きさまで育てることから、復興ははじまった。
稚貝をのせた船が着く深夜。
真っ暗な中起きだして作業場に向かい、家族総出で「耳釣り」をする。
貝に穴を開け、ロープに通す。
これを船にのせて、筏に吊り下げる。
あとは養分に満ちた広田湾にまかせれば、時間がほたてを育ててくれる。

きらきらほたて<広田湾産>
稚貝が11センチを超えるまで約2年。
ほたて漁とは待つ仕事である。
2012年12月、震災後はじめて出荷できるまでにほたてが育った。
そしていま、海中のほたての数はやっと20万個にまで回復。
家族のため、食べてくれる人の笑顔のために、男たちは海へ出つづける。


きらきらほたて<広田湾産>

きらきらほたて
【予約受付中】
現在4月発売分の予約を受け付けております。(予約期間3月25日23:59まで)
[価格にはすべて送料が含まれています]
[限定30セット]

【5個セット】
大5個セット(11〜12センチ未満) 3,500円(3,240円+税)
特大5個セット(12センチ以上) 3,770円(3,490円+税)

【10個セット】
大10個セット(11〜12センチ未満) 5,550円(5,139円+税)
特大10個セット(12センチ以上) 5,950円(5,509円+税)

セット内容
ほたて5個(10個)+漁師が教えるホタテのトリセツ


米崎町ほたて組合から直接お客様へ配送されますので、りんごジュースなど他の商品と同梱することができません。他の商品を一緒にお買い求めの際には、お手数ですがお会計を数回に分けていただきますよう、お願い申し上げます。

お届け希望日をご指定いただけますが、悪天候やシケなどの理由で漁に出られない場合、交通状況により運送業者に遅延が発生する場合がございますので、予めご了承ください。

配送の都合上、到着までの日数に差があります。



きらきらほたて<広田湾産>

きらきらほたて<広田湾産>【送料無料】

型番 2014003
販売価格 3,500円(税込)
サイズ
お受取希望日

SOLD OUT

Group

Top